So-net無料ブログ作成
検索選択

玉置浩二 薬師丸ひろ子 今も会いたい!? 暴力?離婚の真相

玉置浩二さんと言えば青田典子さんとラブラブで破天荒な発言を繰り返すなんともワイルドな方ですよね。笑
その玉置浩二さんが8年ぶりにドラマに出演されるようです。

tamaki6.jpg

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

以下週刊朝日より

8年ぶりの連続ドラマ出演でも話題の玉置浩二さん。“LOVE”いっぱいとなった林真理子さんとの対談で、ドラマ原作者の小路幸也さんと同郷であることや、かつての妻、薬師丸ひろ子さんについて、楽しく語ってくれた。


[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

*  *  *
玉置:僕たち昔、ニューヨークで逢引したんですよね。

林:違いますよ。私は夫と一緒でした。1992年の大晦日だったかな。私と夫が中華料理を食べていたら、食べながら写真を撮り合っている日本人のカップルがいて、見たら玉置さんと薬師丸ひろ子さんだったの。ごあいさつに行ったら、「大晦日だから一緒に過ごしましょうよ」って玉置さんが言ってくださって……。

玉置:薬師丸さんとは夫婦だったんだけど、彼女はいろいろ旅をしていて、僕はグレゴリー・ハインズのタップが見たくてニューヨークに行っていたから、「じゃ、ニューヨークで会おうか」ってことになって。

林:私、あのとき(高級ホテルの)エセックスハウスのスイートをとっていたの。バブルのころだったんで。それで「私の部屋にどうぞ」ってお誘いして、シャンパンを開けて、花火がパーンと上がって、みんなで楽しく過ごして、もうあの夜は私の人生のハイライトでしたよ。

玉置:マリコさん、「すごくおいしいキャビアがあるから食べに行こう」って……。

林:そう。次の日キャビアを食べに行ったんです。キャビアハウスに。

玉置:最高のキャビア。そうそう、覚えてる。エリック・クラプトンがアンプラグド(アコースティック)の「レイラ」を出したときだ。

林:当時、薬師丸さんはかわいいアイドルで、それを玉置さんが独り占めしちゃったんですよね。

玉置:薬師丸さんは映画界の至宝ですからね。すばらしいですよ。俺、いま会いたいんだよな、薬師丸さんに。行定勲監督の「今度は恐妻家」っていう映画、薬師丸さんと豊川悦司が出てるんだけど、俺、見に行ったんだ。泣いた。いい映画です。

林:(玉置さんのニューシングル「サーチライト」を聴きながら)これ、いま玉置さんが出ているドラマ(「東京バンドワゴン~下町大家族物語」)のエンディングテーマですよね。このサビの部分、すばらしいですね。若い女の子、胸がキュンってなっちゃうんじゃないですか。「君を照らすサーチライトに僕はなれるかな」って、心にしみますよ。

玉置:テレビ、見てくれています?

林:拝見してますよ。あの伝説のロッカーだったというお父さんの役、玉置さんは適役だっていろんなところに書かれてますよね。玉置さんが歌うシーンもドラマの見どころのひとつだって。

玉置:あの原作の小説を書いた小路幸也って、旭川北海道)で僕と同郷なんですよ。出身中学校も一緒で同じ先生に習ってた。

林:ええっ、すごい偶然じゃないですか。中学まで一緒なんて。

玉置:うん。小路が「中学のときから玉置さんを見てました」って言うから、「あのさ、『東京バンドワゴン』のあの親父、俺?」って聞いたんだ。そうしたら、「そういうわけじゃなかったんですけど、今はカンペキにそうです。まさか玉置さん、こうなるとは思ってなかったんで。人生がメチャクチャになるとは」だって。「俺の人生、メチャクチャか」(笑)。

※週刊朝日  2013年12月13日号

以下全文を読む→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131210-00000002-sasahi-ent

玉置浩二さんは1991年に楽曲提供したのをきっかけに薬師丸ひろ子さんと交際スタート!

そしてその後結婚しました。

しかしその結婚生活は7年でピリオドをうつことに。

原因は玉置さんの暴力やあまりの嫉妬深さに結婚生活が成立しなくなったとも言われています。

その真相はわかりませんが、普段の言動や行動をみていると、

暴力とか言われても嘘でないような気はしますけどね。

ただ、青田典子さんとはラブラブにやっているようですし、

昔はどうか知りませんが、現在はいい旦那さんなんでしょう笑


[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

また、玉置さんの歌唱力は半端じゃない!

コブクロの黒田さんは彼の歌唱力を日本一と称しています。

安全地帯での活動しかり、音楽の才にに関してはやはり天才的なのでしょう。

今後の彼の動きに注目ですね。

【動画あり】亀田和毅の語学力!スペイン語ペラペラ!!しかも独学!

メキシコでプロボクサーとして活躍中の亀田家三男・和毅の語学力がネットで話題に。現地の番組にて、落ち着いたスーツ姿でスペイン語の取材にこたえる様子をどうぞ(映像の0:33ごろ)。
(Yahoo!映像トピックスより)

かめださんなん.jpg

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]





以下Wikipediaより引用

亀田 和毅(かめだ ともき、男性、1991年7月12日 - )は、日本のプロボクサー。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。現WBO世界バンタム級王者。日本人選手として初めてWBO世界王者となった

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

名前の由来は、父・史郎が三兄弟に「興大和(やまとをおこす)」の願いをこめて、三男には「和」の文字を使って命名し、「とも(き)」と読ませている。
亀田三兄弟の1番下の弟として注目される。かねてより長男の興毅と次男の大毅は「兄弟の中で、一番才能があるのは和毅」と語っている。
2008年の北京オリンピックを目指していたが、予選の段階で17歳以上という年齢制限があったため、この資格を満たさない和毅の出場は不可能となった。
興毅の協栄ジムへの移籍に伴い、東京に転居。東京都葛飾区に本拠地を置いて練習を行っている。転居当初は、和毅は中学生であったが、在籍している大阪の天下茶屋中学校から転校した事実はなく、事実上不登校となっていた。2007年3月14日、天下茶屋中学校を卒業

全文を読む→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E7%94%B0%E5%92%8C%E6%AF%85

元大関琴光喜 田宮啓司逮捕!! やみつき(焼肉店)やってたはずなのに




大相撲の元大関・琴光喜が、自分が経営する焼肉店で不法滞在の外国人を働かせていた入管難民法違反の疑いで、4日、逮捕されました。

ことみつき.jpg

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

 逮捕されたのは、元大関・琴光喜の田宮啓司容疑者(37)です。捜査関係者によりますと、田宮容疑者は、経営する名古屋市西区の焼肉店で、不法滞在だと知りながら厨房で中国人らを働かせていた入管難民法違反の疑いが持たれています。

 田宮容疑者は愛知県岡崎市出身で、日本大学卒業後に角界入りし、大関に昇進。しかし、野球賭博に関わったとして2010年に解雇され、去年から名古屋市内で焼肉店「やみつき」を経営していました。

 警察は、共犯の男1人も逮捕する方針で、周辺に中国人らを斡旋したブローカーがいるとみて捜査を進めています。(04日11:40)

[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]



[スポンサーリンク]


[スポンサーリンク]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

くりっく365